当店では自家製粉の玄米粉を混ぜてグラノーラを焼いています。玄米粉は酸化しやすい為、その都度お店で製粉しています。新鮮で香ばしい玄米粉が、食べやすい風味のグラノーラに仕上げてくれます。  
 ナッツやシードは有機か無塩・無油の無添加のもの。ドライフルーツも有機か漂白剤、酸化防止剤、香料など一切使用していないものを選んでいます。全てわたし達自身がからだに入れたいと思う、やさしい素材を選んでいます。


・オーツ麦について  



 当店で使っているグラノーラ用のオーツ麦はしっかりとした厚めのものです。 有機JAS認証品のオーツ麦です。同じオーツ麦でもメーカーによっても厚さや大きさが違うので、グラノーラにはこのメーカーのもの、焼き菓子にはこれ、オートミールはこれ、などと使い分けています。

・甘味について  



 基本となる甘味には大阪の鴻商店さんの「生砂糖」を使っています。 少ししっとりとしたお砂糖でほんのり昆布のような香りがします。
 
  もともとはいろいろな砂糖やメープルシロップ、蜂蜜などでグラノーラを作っていました。普段の料理の際に生砂糖をとても気に入って愛用させていただいていたことをきっかけに、鴻商店さんにお砂糖の相談に伺いました。 そのとき、日本人は古くからサトウキビを食べてきていることから、サトウキビの砂糖が少ない量でもコクや旨味を感じやすいとのお話を聞き、こちらを使わせていただくことに決めました。

 百貨店などにいくと鴻商店さんの商品が販売されています。関西圏だとイカリスーパーとか。販路をかなり絞って販売されていますのであまり見かけません。わたしもフラフラしていて見つけたので本当に偶然。普段、あまり砂糖売り場で商品は見ないという方もぜひ一度探してみてください。料理にもとってもオススメです。

・ドライフルーツについて


 
当店では漂白剤や酸化防止剤、香料などを使ったドライフルーツは使っていません。 ドライフルーツによく使われている添加物としては、亜硫酸塩系で二酸化硫黄や亜硫酸Naなど。 香料も。もちろん使われているのは理由があります。保存性を高めるため、見た目をよくするためなど、大量に消費する時代に合わせ、用いられてきた工夫だと思います。

添加物はもちろん基準値も設けられており安全性がか確認されています。すべてがだめ!とは思いませんが、少なからず基準値以下の数値でも複合摂取などにより、アレルギー反応が出たりすることがあるようです。

当店で使っているものがほとんどが黒っぽい色をしているのは、見た目をよくするための添加物を使っていないからです。ドライフルーツは添加物を使わなくても保存がきくもの。なくても良い添加物をあえて使う必要はないんではないかなーと思っています。

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。