素材のこと                         

エルフグラノーラでつかっている基本の素材の紹介です。
全てわたしたち自身が毎日食べても良いと思える、からだにやさしい素材を選んでいます。


グラノーラの主原料、有機オーツ麦  



グラノーラにはしっかりとした厚めのアメリカ産有機オーツ麦を使っています。
同じオーツ麦でも産地やメーカーによっても厚さや大きさが違うので、グラノーラにはこれ、焼菓子にはこれ、などと用途によって使い分けています。

甘味について  



基本となる甘味には大阪の鴻商店さんの生砂糖を使っています。
精製していないので少ししっとりとして、ほんのり昆布のような香りがします。
白砂糖と比べコクと旨味が残っているので、使う量も少なめです。
 
はじめはいろいろな砂糖やメープルシロップ、蜂蜜でグラノーラを作っていました。
ふだんの料理に生砂糖を愛用させていただいていたことをきっかけに、お店をはじめるときに鴻商店さんにお砂糖の相談に伺いました。 

そのとき、日本では古くからサトウキビを食べてきたことから、キビ砂糖が少量でもコクや旨味を感じやすいとのお話を聞き、こちらを使わせていただくことに決めました。


ドライフルーツについて


 
ドライフルーツには漂白剤や酸化防止剤、香料などを使ったものは使っていません。
もちろん使われているのは理由があり、いろいろなメリットもあります。

保存性を高めるため、見た目をよくするためなど、大量に消費する時代に合わせて取り入れられてきた工夫だと思います。

添加物は基準値も設けられており安全性が確認されています。
すべてがだめ!とは思いませんが基準値以下の数値でも複合摂取などにより、アレルギー反応が出たりすることがあるようです。

ドライフルーツは添加物を使わなくても、おいしく保存ができるものです。
なくてもよい添加物をあえて使う必要はないでのはないか、と思っています。

自家製粉の玄米粉
グラノーラには小麦粉を使うことが多いですが、当店では自家製粉の玄米粉を混ぜてグラノーラを焼いています。

玄米粉は酸化しやすいため、玄米を少しずつお店で製粉しています。
新鮮で香ばしい玄米粉が、食べやすい風味のグラノーラに仕上げてくれます。  

ナッツ・シード(種)

ナッツやシードは有機か無塩・無油の無添加のもの。
同じナッツでも産地や種類によって味が異なるので、そのまま食べておいしいと思えるものを選んでいます。

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。